トップイメージ
破産の手続きまで訴訟の提起など要請は許されています。とくに自己破産の事務手続きに入ってから申し立てまでに無駄な手数がかかった際には債権人から訴訟を起こされる確率が増えます。債権保持者サイドとしては支払いもしないで、そのうえ破産のような法律上の手続きもしないという状態であると組織内での対処を行うことができないせいです。言ってしまえば審判が終わってどんな判決が下されようとも申立人に借金を返済する資金はないのです。取り立て会社もそれに関しては理解済みで、提訴という威嚇行為で、都合よく和解決着にし返済させるなり借金者の父母や関係者に肩代わりしてもらうというようなことを狙っている場合も見受けられます。(補注)平成17年の1月1日に改正された新しい破産法にもとづき自己破産申請をすると差し押さえといった法律上の手続きの場合、効果を失うこととなります。だから、昔の破産法の場合と別となり提訴などということをやっても無効になる確率が高いので、現実に訴訟をする業者は消えてなくなると予想されます。そういったような側面でも西暦2005年の1月1日に改正となり昔よりも申し込みやすくなったと思います。返済督促の際についてですが、支払督促と呼ばれているのは借金人に直接、借金の支払いを行いなさいという通知です。オーソドックスな訴えをするケースとは違って、債権人の一方通行な主張を聞いて進めるため普通な裁判のように裁判料金がかさまないので債権者がよく用いる法的な手法です。督促の要請がなされたら通知が送付されることとなり、送られてから2週間以上が経過すると債権人は債務人の財(給与債権なども入れて)に関して差押え行動がなせるようになります。支払督促に抗して異議申し立てを送ることができるなら、通常の争いに移っていくことになるのが普通です。(補)一般の争いは長丁場になりますので、免責まで判決がくだらない可能性が濃厚になってしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.budo-art.net All Rights Reserved.