トップイメージ

英会話を上達させたいと思ったときに、まず日本人の最初のハードルになりがちなのが 「恥ずかしい」という思いではなでしょうか。ライザップ 千葉

発音が下手だから恥ずかしい、伝わらなかったら恥ずかしい、ほかの日本人に見られるのが恥ずかしいなどなど。ライザップ 池袋

ところが、日本人以外の英語圏以外の外国人の英会話を見てみると、 あまりそういった恥じらいを感じることは少ないように思います。

多少文法がおかしくても、発音が正しくなくても、勢い任せと言わんばかりにどんどん話します。

実はこの度胸が英語圏の人とのコミュケーションを非常に助けてくれます。

正解に近い英語でも、声が小さかったりはっきりと喋っていないと意外と伝わらず、 逆に多少間違っていても、大きな声ではっきりと、さも英語が話せるように喋ってみると 意外と理解してもらえるものなのです。

これは外国人が日本語を話している場面を想像すれば、納得できるのではないでしょうか。

英会話の上達には「さも喋れるかのように喋ってしまう」という方法が意外にも有効です。

そのうち口や舌も鍛えられ、自然と上達していくのでぜひ試してみてください^^ 。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.budo-art.net All Rights Reserved.