トップイメージ

自動車の事故が起こった際己が被害者でも事故を起こした方が責任を少しも容認しない状況は多くあります。

例をあげれば、意思と関係して起したのではなく注意散漫で車を追突された場合などに、こういった争いにうつってしまう危険性があるのです。

かといって、その場所で自動車だけの交通事故され数ヵ月後に症状が現れた時に、通った病院の参考になる診断書警察に提出するというのは対応が遅くなるのはしょうがなくなります。

それならば、車の事故の過失割合の決定にはどんな目処があるのでしょうか?しっかりと言うと警察署が決めるのは核として事故の原因があったのはどちらであるかという責任の有無であり、過失割合ということではないのです。

もっと言えば、明確にされた事故の過失者が警察署から明確にされる事はケースは有り得ないです。

過失の割合は事故に関わった人たちの相談の結果によって決められた、この事が賠償の基準と判断されます。

この時、お互いが任意保険に入っていない状況では当事者同士が面と向って話し合いすることしかできません。

ところが、当然ながらそういったやり方では、理性的でない応報になる状況があります。

その上、お互いの意見に隔たりがあれば悪くすると、裁判にまでもつれ込みますが、それは時間とコスト大きな損となってしまいます。

そこで普通は各々のドライバーに付随する保険会社、その互いの自動車の保険の会社に話し合いを一任する措置を利用して、適当な過失の割合を冷静に決めさせます。

このような際には自動車保険の会社は、以前の自動車での事故の裁判の判定から計算した認められた基準、判例タイムズなどを土台として、推計と協議を交えてどちらに何割過失があるのかを決定します。

と言いつつも交通事故の場合では、巻き込まれてしまったのか原因となってしまったのかの如何を問わず最初に110番に連絡するのがルールです。

その後保険会社にやり取りして、やり取りを委ねるのが順番になります。

この手続きさえ知っておけば両者の堂々めぐりの話し合いへの展開を回避できます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.budo-art.net All Rights Reserved.