トップイメージ

自己破産の手続きまでの期間は訴訟などの行動は認められます。

それから破産の正式手続きに進んでから実行までに手数が費やされた場合では債権人によって訴訟にされるリスクがアップします。

債権者側からすると借金の払込もせずにさらに自己破産といった法律上の作業もされないという状態だと企業内で完了処理をやることができないのです。

つまるところ訴訟の後どういう裁決がなされようが破産手続きの申請人に負債を払う力はないわけです。

業者もそれは理解の上で、訴訟提起というような強行なやり方で、都合よく和解に持ち込み完済させるとか債務人の父母や血縁者に返金させることなどを目的にしているケースもあります。

(補注)平成17年からに改正された新破産法において自己破産手続き後は差し押さえのような司法的な要請については効果を失うことになったのです。

とういうことなので、破産法の場合と別で提訴というようなことをしたとしても無効になると推測されるので、現実に裁判提起をする取り立て業者はほぼすべて存在しなくなると考えます。

そういった意味でも、平成17年からに改正となり破産申請は過去と比べて用いやすくなったと考えられます。

返済督促のケース支払督促とは、司法が負債人に向かって負債の返却を行いなさいという督促です。

通常の審理をするプロセスと異なり、取り立て業者の一方的な発言を聞きながら行われるためオーソドックスな法廷のように間隔と費用がかさまないので、取り立て会社がよく用いる法的な手段です。

督促の申し立てがあったら督促状が配達されることになり通知が送られてきてから2週間が経過すると取り立て屋は債務人の資産(給与などを含む)に対し差押え行為がなせるようになるわけです。

異議申請を送ることができる場合は、普通な裁判に移っていくことになるのが普通です。

法廷闘争は長期にわたりがちなものですから、免責がもらえるまでには判決がおりない予測が濃厚になります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.budo-art.net All Rights Reserved.