トップイメージ

ユニット型特別養護老人ホームの介護職の1日は朝の7時に利用者様は起床されます。コンブチャクレンズ

8時からが朝食なので介護職は早出と夜勤者でお茶を沸かしたりお皿を並べたりして朝食の準備をします。コンブチャクレンズ amazon

その後は朝食介助を行ってから食事後は排泄介助をします。多汗症

また、検温や血圧測定も行って利用者様に異常があれば日勤帯で出勤する看護師に報告します。コンブチャクレンズ 楽天

そして午前中はレクリエーションをしながら入浴も行います。わきがクリーム

そうしているうちに昼食の時間となり昼食介助が始まります。喪服 レンタル 即日

日勤者や遅出も出勤してくるので午後からは介護職の人数は手厚くなります。コンブチャ 産後ダイエット

午後からは洗濯物を畳んでから利用者様の居室に衣類を収納します。

午後3時からはおやつの時間なのでコーヒーやお菓子を食べながら利用者様と職員とがコミュニケーションをとって楽しく過ごします。

おやつの時間が終わると利用者様は自由に施設内を散歩されたりします。

そして、夕食の時間になり夕食介助を行います。

また、1日の介護記録をパソコンに入力したりケアプランが実施されたかどうかのチェック表も記入します。

夕食が終わると利用者様の就寝介助を行い、眠前薬服薬後は就寝されてユニット型特別養護老人ホームの1日が終わります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.budo-art.net All Rights Reserved.